未知の攻撃による改ざんも、瞬間検知・瞬間復旧

会員登録

ログイン

会員サービスメニュー

WebARGUS(ウェブアルゴス)

WebARGUS製品概要

WebARGUSの役割は、ウェブサイトの防御を突破され、改ざんの被害に遭遇した際に
瞬時に検知して、ウェブサイトを元の状態に戻すこと。いわば、防御の「最後の砦」です。

ウェブ系防御製品と、WebARGUSの役割の違い

悪意のある攻撃者は、ブラックマーケットで取引されているハッキングツールなどを利用して、防御突破を試みます。

ウェブ系防御その1、Firewallの主な役割は、通信の防御です。許可しない通信ポートへのアクセスを遮断します。

ウェブ系防御その2、IPSの主な役割は、OS、ミドルウェアの防御です。既知の攻撃パターンに該当したアクセスを遮断します。

ウェブ系防御その3、WAFの主な役割は、ウェブアプリの防御です。許可した動作以外を遮断したり、ブラウザからの不正な入力を遮断したりします。

公開されていない攻撃手口での侵入や、サーバの正規のID、パスワード情報を盗まれてログインされた場合等は、防御製品ではブロックしきれません。

そこで、WebARGUSの出番です。防御突破され、改ざんされてしまったサイトを瞬時に元に戻すのがWebARGUSの役割です。

このページの先頭へ