未知の攻撃による改ざんも、瞬間検知・瞬間復旧

会員登録

ログイン

会員サービスメニュー

WebARGUS(ウェブアルゴス)

WebARGUSとは

ウェブサイトの改ざん状態をゼロにする、瞬間検知・瞬間復旧

WebARGUS(ウェブアルゴスは、ウェプサイ卜の改ざんを発生と同時に検知して、瞬時にサイトを元の正常な状態に復元することができる、新しいセキュリティソリューションです。
改ざんの瞬間検知・瞬間復旧により、悪質な未知のサイバー攻撃の被害から企業のウェブサイトを守ると同時に、改ざんされたサイトを通じたウイルス感染などの被害拡大を防ぎます。

WebARGUS(ウェブアルゴス)、瞬間検知・瞬間復旧の仕組み

監視対象のウェブサーバに、エージェントソフトウェア(WebARGUS-Agent)をインストールして常時監視。改ざん発生と同時に検知し、瞬間復旧します。
また、エージェントソフトの管理はマネージャーソフトウェア(WebARGUS-Manager)が担います。エージェントへの監視設定指示や、改ざんが発生した場合のアラートを管理者へメールで通知するほか、エージェント自体が正常稼働しているかどうかの定期監視も行います。

瞬間検知が可能な理由

ウェブアルゴスは、監視対象のファイル・ディレクトリが改ざんされたときに発生する“OSのイベント”を直接監視しているため、イベント発生と同時に検知・自動復旧処理を作動させることができます。
これにより、改ざん発生からわずか1秒未満※1で正常な状態に自動復旧することができるため、“定期監視タイプ”の改ざん検知製品などで生じる、改ざん検知から復旧までのタイムラグがほとんどありません。
※1:動作環境、及び復旧対象データのサイズにより異なる場合がございます。

WebARGUSが検知するイベントの種類

ウェブアルゴスは、監視対象に設定したウェブサーバ内の、ほぼすべてのファイル・ディレクトリへの監視が可能です。
  ・ 監視対象ディレクトリへのファイル追加/監視対象ファイルの変更/削除/権限変更
  ・ 監視対象ディレクトリへのディレクトリ追加/削除/権限変更
を検知し、自動復旧することができます。(自動復旧することでOSの動作に影響がでるファイル・ディレクトリを除きます。)

このページの先頭へ